昔からの伝統、はんこ

ハンコと手『証明』をする手段というのは私達が考えている以上に限られていますが、それでも非常に様々な場面で私達は証明を行わなければならず、そのためにたくさんの証拠となるものを必要とします。時にそれが運転免許証であったり保険証であったり年金手帳であったりしますが、どのような場面においてもその事柄に関して私達が本人であり責任を取る資格があると言うことを表すものとなっています。これは今に始まったことでは無く日本では昔から行われてきたことですが、それと同じく日本で昔から行われてきた、『証明』に関することとして、『はんこ』があります。仕事上の書類では頻繁に用いるはんこですが、これは様々な場面で用いられます。というのも日本でも古来からいわゆる『はんこ』が用いられてきており、様々な文献にもそれが記されています。そして今も形は変わっているとは言え、その風習が残っているというのは凄いこと、と言えるかもしれません。

皆さんも同様に自分自身のはんこを使っておられるかと思いますが、どのようなものを用いておられるでしょうか。きっと安いものを使っているという方も、ある程度高級なものを使っているという方もおられるでしょう。では、私達はそれらをどのようにして用意することができるでしょうか。また、本来の意味として通じられるどのような工夫方法があるのでしょうか。自分だけのはんこを用意する時、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。