認印とスタンプ印

印さて、はんこと言ってもいろいろな種類があることに既に皆さんは気付かれていると思います。そもそもはんこを用いる機会が様々にあるので、どういった場面でどのようなはんこを用いれば良いのか、という点は難しいところです。いわゆる『スタンプ印』に関しては、これは朱肉を使わなくても何度も押印することができるため、とても便利なツールではありますが、正式な書類などでは使えないことも多いため、注意が必要です。それに対して、いわゆる『認印』は、朱肉を用いるはんこを用いますが、高級なはんこで無ければならないという決まりもなく、一般的な体裁を守ったものであればどのようなはんこでも利用することが出来ます。ただし、いわゆる『印鑑登録』を行ったはんこに関しては、紛失しないように自宅で保管しておくことが望ましい、と言えるでしょう。

このように、使う場面が様々だからこそ、そういった場面で使い分けられるように自分のものを用意しておきたいですね。現代は昔と異なって専門のお店というのが少なくなってきましたが、そういった店に赴かなくても、インターネットで自分専用のはんこを注文して、送って貰うことが可能です。これはとても便利で、思いついた時に注文できるので良いですね。